自動車免許を取得するメリットとは?

130029

身分証明証としての役割も!

 

自動車免許は多くの人が取得している免許の1つですね。

日本では18歳になると自動車免許が取得できますので学生さんなど若い年齢の時に自動車免許を取りにいく人は多いです。

 

また自動車免許は教習所や合宿免許で簡単に取得することができます。

ではなぜこんなにも大勢の人が自動車免許を取得しにいくのでしょうか?自動車免許を取得するメリットの1つとして身分証明証として使えるということがあるでしょう。

 

私達は生活の様々な場面で身分証明証を提示するケースがあります。この時に役立つのが自動車免許証なのです。

 

自動車免許証には現住所や自分の写真が掲載されているので身分証明として役立ちます。

また免許を取得するメリットとして自動車を運転することができるということです。

 

特にバス、電車などの公共交通機関が発達していないような地方に住んでいる場合、自動車は移動手段として非常に重要です。

 

気軽に色々な場所に行けるようになるのは非常に嬉しいですね。

 

ついにグーグルの自動運転車が公道にて試験走行

 

3762e0e122f2303b9193889e0da57fee_s
ハンドルはもういらない???

 

しかし、最近とても気になる話題をニュースで聞きました。

それはグーグルが開発している自動運転車が、ついに公道での実験走行を始めるという、衝撃的な話しです。

 

今年の夏あたりから、アメリカはカリフォルニアのマウンテンビュー。そこに、まるでコンパクトカーをもうひとまわり小さくしたような独特のボディーのグーグルカーが一般の車に混じって走るというのです!

 

もし遠い将来、この自動運転車の普及率が100パーセントに達したら、運転免許は一体どうなってしまうのでしょうか?

 

乗車する人が完全に運転しなくてもいい程、自動運転の精度が高かったら、バスやタクシーに乗るのと同じことになります。

そうしたら、免許はいらないのでは・・・。

まあ、実際のところ、100パーセントの普及率というのは様々な理由から実現が難しいとは思いますし、Edmunds.comのシニアエディターのジョン・オデル氏も100パーセントの無事故は無理と明言していることからも、やはりハンドルとブレーキ、そして運転席にいざという時に「運転者」になる人が必要なのだと思います。

 

経済や産業界にも大きな影響が考えられる

 

そうなったら、やはり運転免許は必要ですよね。

 

しかし、低価格化が進んだら、企業は人件費削減で自動運転車を積極的に導入して、ドライバーの数を減らす・・・なんていう事態も起こらないとも限りません。

 

自動車メーカーもグーグルの動向には神経を尖らせていることかと思われます。